白鳥に憧れる烏

ただのオタクが雑多に綴る日記

バラ園

県内にあるバラ園に行ってきた。

混んでいたら引き換えす予定だった。比較的空いていて良かった。


難聴に苦しんだベートーヴェンが傑作の森を生み出したように、植物に囲まれることは人間にとってとても良い刺激だと思う。


フランス革命好きとしては、アントワネットの薔薇は外せない。一つ一つ見て回りながら、アントワネットの薔薇を探した。
なかなか見つからなかったので設置されていたマップを確認してみたら、名前の並びに震えた。


王妃アントワネット
オスカル・フランソワ
フェルゼン伯爵
ベルサイユのばら


まさかオスカル達の薔薇もここにあるとは思わなくて、興奮しながら咲いている場所へ。


王妃アントワネットは、少し元気がなかった。それでも白く、綺麗で、気品を感じた。

隣に咲いていたのが、オスカル・フランソワ。
まだ蕾だったけれど、アントワネットの隣がオスカルというだけで胸がきゅんとした。守ってるんだね。

そしてその隣が、フェルゼン伯爵。
すごく綺麗だった。フェルゼン伯爵そのままだった。何人もの女性を虜にしたのがわかる美しさだった。

同い年の三人、尊い

伯爵の左隣には、ベルサイユのばら。真紅の薔薇。
こちらもまだ蕾だったけれど、満開は圧巻だろうなあ。



香りの良い品種もあって、目と鼻から感じる癒やしでした。




さてお勉強。

パッチムもあと少しで終わるくらい順調に進んでいる。しかし難しい。パッチムで挫折する人が多いのもわかる。

どう変化するかはわかるけれど、濃音や鼻音でk,t,pがo,n,mのどれに変化するのかが自信がないし、とにかく時間がかかる。

それでも文法や単語を覚えれば自然と読む速度は早くなると信じているので、練習あるのみだ。

ハングルドリルが終わった後、早いだろうが問題集もほしい。
文法をやった後は、過去問やりながら単語を覚えれば十分受かるのでは?と思わなくもない。




カタシロリビルド、昼公演の展開に驚いた。ずっと見たかった、聞きたかったことがそこにあって感動した。
舞台化するにあたって、視聴者を楽しませるために本当に色々と考えられてると思う。

そして、でび様の回が楽しみで仕方ない。きっとでび様なら今回のようなことは言われない気がするんだ。

叩きつけてほしい、そちら側の感情を。