白鳥に憧れる烏

ただのオタクが雑多に綴る日記

歯が痛痒い

 

時々起こるやつがきた。

歯が痒い。特に親知らずがあった下の奥歯が痛痒い。歯茎をめくりたくなるような痛痒さ。
虫歯や歯周病などではなく、自律神経の乱れによるものだろうが、それにしても異常だ。
検索しても似た症状の感想が出てこない。こんなにかきむしりたい衝動があるのに……稀なんだろうか。
子供の頃から手足の爪の横が痒くなる。今も痒い。医者に問題はないストレスだろうと診断されてから十数年。歯もこれと似た痒さだ。
全身が痒くなるときもある。気づけば湿疹だらけ。風呂に入りながら痒くなる時もあるので乾燥が原因ではない。
寝る前に耳の奥が痒くなる日もある。口から指を突っ込んで掻くと気持ちいいやつ。アレルギーっぽい。耐えきれず綿棒で掻いてしまうから要注意だ。
顔の奥も痛い。疲れてるときによくなる。蓄膿症の気もするが、それにしては一時的すぎる。

とにかく色んなところに反応が出る。一気にくるわけじゃなく、定期的にどこかしらが気が狂いそうになるほど痛くなったり痒くなったりする。すぐに治まるから病院に行く気にもなれない。食事、運動、早寝早起き、そんなことはわかってる。何か良い対処法はないものか。

 

というわけで、明日はアンデルセン童話『歯痛おばさん』について書く予定。