白鳥に憧れる烏

ただのオタクが雑多に綴る日記

『ピーター・パンとウェンディ』を読んでみた

クロケスタにハマり、作品について考えたくて『ピーター・パンとウェンディ』を読書。

 

 

ピーターの勝手なところが七星はそっくりだ。次会ったときも名乗ってほしいとお願いするほど忘れっぽいピーター。長年待たせてから迎えに来るところも一緒。待っている間に六華は大人になってしまった。しかし六華の大人になりたくないって願いは誰よりも『ピーター・パン』らしい。

 

ネバーランドには女の子がいない。ネバーランドの子供たち(ロストボーイ)は、大人達がよそ見をしているうちに乳母車から落っこちて、そのまま気づかれず消えた子たち。女の子は頭が良いから乳母車から落っこちるような真似はしない、だから女の子はいないんだとピーターは言っていた。12人のキャラクターが男性なのはこれが理由。

 

ネバーランドにいると元の世界の記憶が薄れていく。家族のことを忘れていく。だから零士は何も覚えていない。

 

フックを狙うワニの中にある時計。フックはその時計の音を聞いて逃げ続けているが、時計はゼンマイが壊れて動かなくなる。時計がモチーフでもあるクロケスタ、何か関係があるんだろうか。

 

ティンクについて。ピーターが大好きなティンクは、ピーターが飲もうとした毒薬を代わりに飲み瀕死状態になる。ピーターが全世界の子供たちに“妖精の存在を信じてほしい、信じている子は手を叩いてほしい”と語りかけ、ティンクは無事回復する。

ピーターが大人になったウェンディと再会したとき、ピーターはティンクのことをさっぱり忘れている。妖精は短命だからきっと死んでるとあっけらかんという。ウェンディを殺そうとしたティンクだけどさすがに同情する。クロケスタのティンクも誰かに忘れられているのかな。だとしたら誰だろう。

 

ロストボーイ達は最終的にウェンディ達の家に迎い入れられる。クロケスタの皆も案外元の世界に帰れたりしてね。ティンクは死んで、ピーターはまたウェンディにしたことを繰り返していくけれど。

 

あと気になったのはピーターの母親という存在への嫌悪。天馬母の異常性はそこからきていそうだと思った。

 

この本を読んだきっかけは、ウェンディが小説家の夢を持っているとWikipediaに載っていたから。八色さんと同じじゃないかと驚いたよ。でもいざ読んでみるとそんなことは一切書かれていなかった。2003年に公開された映画ではウェンディは小説家になりたい娘という設定らしい。戯曲版を原作としているようなので、戯曲ではそうなっているのかもしれない。読んでみたいけれどなかなか手に入れられない代物なので、図書館に行くことがあれば探してみることにする。

 

 

 

 

 

第2話は二香くんが勝利したよ!!!!ありがとう!!ありがとう!!二香くんが幸運を引かないわけないものね……このまま「ごめんね」エンドまで突っ走ろう、空っぽじゃないって否定してみせよう二香くん。キングらしいやり方でさ。


www.youtube.com

二香くん応援中

投票終了まで更新滞りそう。
二香くんのドラマ、悲しい……。
悲しくて、静かで、孤独。
二香くんの願いを叶えてほしい。
叶えたい願いだけが叶わないなんて悲しすぎる。

ツイッター投票、一回目は負けた。
二香くん頑張って。



www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

韓国語の話

5級は90点以上安定しているので4級の勉強を始めました。

母も5級合格圏内。
自信がないからもう少し単語の勉強をするそう。


4級の文法教材に迷った。
初めて買った「いちばんやさしい韓国語 文法ノート」が好きすぎる。
でもそれだとカバーしきれないので他の本を追加しなきゃいけない。評判のいい「できる韓国語」と「文法トレーニング」は天邪鬼なのかどうしても惹かれない。
叫びたくなるほど悩んだ結果、分厚い「本気で学ぶ韓国語」を選択。
現時点、悪くないが選んでよかったと喜ぶほどでもない。素直にオススメされているものを買えばいいものを……と自分を責めつつ、どうせどれも大差ないと慰めながら机に向かってます。



韓国ドラマも観てます。
「愛の不時着」を見終わった。うん、面白かった。
永久中立国で落ち着くのは妥当、よかった。
リ中隊長のキスが母胎ソロだとは思えなかった。ドラマ後実際に交際しているらしいと聞いて変な目で見てしまった。
登場人物はスンジョンが好き。嘘だと信じたかったな
チェ・ジウが出てきてびっくり。綺麗になってた。笑顔が可愛らしかった。

今は「キルミーヒールミー」を鑑賞中。
多重人格ものは最終的に統合しちゃうのが嫌なんだけど、医療的には正解だから仕方ない。最後まで頑張って見よう。

セギが主人格じゃ駄目なんですか。

六華おめでとう!!

六華Winner!!!!
良かった。安心した。イラストの笑顔が眩しい。かわいいよ六華。
勝ったからには願いを叶えて満足してほしい。
一夜はドールになった。……これ、今後の戦いに使えるのでは?と思ってしまったり。さすがに残酷か。
他の人を犠牲にして願いを叶えようとしていることをちゃんと理解している頭のいい六華が好き。戦いも策略を用いた六華らしい戦い方だった。

願いを叶えなくても他のやり方で幸せになれる?それができないからこうして願ったんだ。願うしかなかった。六華、このくそったれなループから抜け出そう。


そんな余韻に浸っている時公開された2ndBATTLE。



www.youtube.com


かっこいい!!!!ソロのバラードから打って変わってキングらしい曲!!!!
森川さんの声ほんと好き。儚げで華麗、そして強い。
投票がどうなるかわからないけどこの曲聴いたら負ける気がしない。
少年verと青年verの声が綺麗なハーモニーを奏でてる……これだよ、これが聴きたかった。声の高い男性声優だった1stでは感じなかった気持ちよさがここにある。ありがとう。ありがとうクロケスタ。CDが待ち遠しい。
コメントで気づいたけど二香くんはチャルダッシュだね。好きな曲だから嬉しい。緩急がソロ曲とデュエット曲に重なってるみたい。これがキングの本気か。
七星はお兄ちゃんキャラで強敵。でも風向きがきてる。
勝ってティンクと夢の国で仲良くするエンドが私は見たい。

「側にいてくれる誰かが欲しい」

閑話が公開されて叫んだ。

二香くんの願いは楽しいことがしたいとか自分が負けるかもしれない緊張感を経験したいとかそういう類のものだと思ってた。

こんな純粋で胸がキュッとなる願いだなんて。切ない。悲しい。
森川さんの演技に改めて脱帽した。普通なら嫌味っぽく聞こえそうな言葉が嫌味なく聞こえる。自然で繊細で人間らしい孤独を感じる声。
二香くんが勝った場合どんな形で願いは叶えられるのかな。
ティンクがずっと側にいてくれるのかな。それもいい。ティンクに対していう「君がいるじゃないか」がかっこいい。恋仲じゃなくて、相棒みたいにお似合い。内の願いである「普通の人生を歩みたい」も叶えられるなら、幸運を無くしてもらえばいい。挫折や失敗があれば人は離れていかない気がする。

コミック1コマめに絵が大量にあるのは九日くんが関係してるのかな。わからない感情を求めて絵を買っているかもしれない。
二香くんが普通になったら九日くんの興味はなくなると思うから二人の願いは相容れない。期待されてまた離れていくのがオチ。だから九日くんは応援できない。どんな形であれ二香くんの願いが叶ってほしい。


六華が勝って二香くんも勝ったらどうしよう。六華と当たったら……。
それはまだ先のことか。とりあえず2ndは二香くんに入れます。



www.youtube.com





お勉強兼ねての韓国ドラマ。
ク・ヘリョンを見終えたので次の作品を探してみた。
自分は楽しむ上でヒロインの性格が一番大事なので、内気や引っ込み思案ヒロインで検索してヒットした『私のIDはカンナム美人』を鑑賞。


選んで大正解!整形の話で感情移入できるかと不安だったけれど、手術室に入るところがシリアスに描かれていたおかげで問題なく入り込めた。面白かった!

過去にバケモノといじめられて、普通になりたい思いで整形して別人のような顔になり大学デビューをした主人公が、周りが普通に接してくれることに感動しながらも卑屈な性格は変わらないままで周囲の目を気にしてウジウジする。超好み。
細すぎるモデル体型も苦手だから、どちらかというとグラマラスな女優さんなところもよかった。


そして何より整形前の主人公を知っている中学時代の同級生、チャ・ウヌ演じるギョンソクがめちゃくちゃ格好良い!!!!危ないところを助けてくれるクールな男はお約束、しかしとにかく顔が良い!!これが얼굴천재!!これが제제자자!!正直ク・ヘリョン観た時は一度も心は動かなかった。だのにこのギョンソク、何度ときめかされたことか。無表情カットが多いんだけどずっと見ていられる顔面してる。人気の理由を心で理解した。韓流に触れるいい機会だと思ってチャウヌが表紙の雑誌まで買ってしまったもの。YouTubeチャンネルもチェックしたよ。『ONE』のPV良いね。



今はお世話になっている方が観たと聞いて『愛の不時着』を視聴中。

慌ただしいヒロインだけどこれも面白い。話題になったのがわかる。
アロマキャンドルのシーンが好き。暗闇の中に差すひとすじの光のような描写好き。不器用なリ中隊長も勿論良いし、詐欺師のスンジョンも雰囲気ある。
ふと気になって日本語吹き替え声優を調べてみたら皆合ってる。日野聡+韓国ドラマといえば昔見た宮を思い出すなあ。あれも楽しく見れた記憶。

ところで韓国俳優さん達の目の内側が赤いのはメイクなのかな?すごいとこに入れるね。痛そう。

引っ込み思案のヒロインはいませんか

せっかく韓国語の勉強をしてるなら何か韓ドラを見てみるべきだと思い、『新米史官ク・ヘリョン』を見てみた。


人気作品はどれもヒロインの気が強そうで敬遠。
このドラマを選んだ理由はヒロインが文学好きだから。知性的であることを期待した。


全体の感想、歴史背景が面白かった。
ヒーローの王子がなぜ幽閉されているのかという真相に近づく流れに胸が踊った。だからフランス革命の話が出てきたんだと。
ヒロインがゲーテは好きなのにラプンツェルを鼻で笑ったときは腹立たしかったけれど、幽閉された王子を連れ出したときは自分もラプンツェルと同じことをしていると苦笑したことだろう。そういう重ね方が面白かった。

王子役の人は今人気急上昇中のアイドルらしい。へー。

王子よりも上司の人が魅力的な人物だった。重い過去と立場も含めて。乙女ゲだったら彼派です。


しかしまあ、女も男もよく泣くよく鳴く。



ソーニャ文庫が読みたくなって『聖王猊下の箱入り花嫁』も追加で読書。

恋愛模様よりも最後の一言が気になって何度も読み返した。
自分なりに納得のいく答えに辿り着いたので大満足。考えている時間が最高に楽しかった。
コメディのつもりで読み始めたら勘違い以外はシリアスで不思議な雰囲気だったけれど……真相はホラーだと思う。そういうの、すごく好き。



クロケスタが直前中間発表なんてものを公開した。
六華が逆転したのは喜ばしいこと。このまま勝ってほしい。
エゴの塊である一夜の願いが苛立ち叫ぶ六華の願いより優先されることは許せない。心狭くてごめん。
これは譲れないものを主張する戦争だ。
絶対に勝って、六華。

人は獣の恋を知る&煙と蜜 第三集 感想

ソーニャ文庫、今月の新刊『人は獣の恋を知る』。

スピンオフ作品で前作に『人は獣の恋を知らない』がある。

前作は未読なんだけれど、太ももにもたれかかったヒロインを愛でているヒーローに心惹かれて購入してみた。

 

人は獣の恋を知る (ソーニャ文庫)

 

 

 

濃厚な世界観は勿論のこと、アンドレアスがとにかくかっこよかった。

過去のソーニャ文庫作品の中でも好きなヒーローに入る。

スピンオフのヒーローってところが良いように働いたのかな。

基本的な性格やイメージは既に固定されてるから、そこから大きく崩されることは可能性として低い。変えてしまうと掘り下げる意味が無くなるし、前作ファンの期待も裏切られてしまうから。その一本筋が通ったキャラクター性がカリスマ性に直結してる。

特に好きなシーンはヒロインのリーラの洗脳を解かせるところ。優しく癒やすのではなく王の威厳で正させる。強かった……。アンドレアスの強い精神が好き。

前作のヒーローであるオーウェンが月に、今作のアンドレアスが太陽に例えられていたことを思い出して納得した。やっぱり自分は暗闇にいるヒロインを光で導いてくれるヒーローが好きなんだ。

床に持ち込む強引さもこれ以上ないくらい心地の良い強引さだった。何でも受け入れちゃうお人好し系ヒロイン大好きなので、わかった上で距離を詰めるアンドレアスにときめき続けた。

 

アンケートに「ネリシアの件に戸惑った」と書いてしまったことを後悔してる。もっと良かったところを書けばよかった。

こんなにしっかりしたものが書ける作者さんの作品に出会えたことに感謝したい。

 

 

 

『煙と蜜 第三集』。発売したのは6月、買うのが随分遅くなってしまった。

次巻の発売まで間があるのでいつもタイミングを逃してしまう。

煙と蜜 第三集 (HARTA COMIX)

 

30歳×12歳のCPをこれほど堂々と出してる作品はそう無い。

今回も最高に微笑ましくて、なおかつ胸がきゅんとなって、起伏をあまり感じない作品にしては攻めた巻だった気がする。

文治さんが軍人として仕事をしているシーンが見れるのは嬉しい。しかしそういうシーンがくるたび大正時代という時代背景がのしかかる。

結婚するのは3年後、シベリア出兵は2年後か……。第一集からずっと、ただの作風なのかもしれないけれど、嵐の前の静けさを漂わせてる。二人は結ばれるんだろうか。

今巻は引きがとても良かった。姫子の言葉に救われたような、愛しさが増したような文治さん。その後に抱きしめた時の姫子の表情は、例の件から情事を思わせる。

正直文治さんが何を考えてるのか計り知ることはできない。食えん男だからね。

一読者としては二人の幸せを願うばかり。